読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこでも何時でも連想感謝ゲーム           これをしてたら幸せ!!

目の前のことから感謝して次へ次へと連想しながら感謝の輪を広げて行くゲームです。これを世界中に広めたいです。是非楽しみながらご参加ください(*^▽^*)

これをしてたらあなたも幸せ!連想感謝ゲームその102「お世話になった学校の先生に感謝パート2」

皆さんおはようございます。

本日もお読み下さり有難うございます!

今回も前回に続いて「お世話になった学校の先生に感謝!」したいと思います。

皆さんもご自分がお世話になった先生がおられましら思い出して何か1つでも感謝して頂けると嬉しいです。

(今、お世話になってる先生がおられる方は勿論その先生に!)

今日は小学校4年生の時に担任だったM先生。

ベテランの男性の先生で強面、授業中に話などしてたらチョークが飛んで来るという噂でしたが、その噂は本当でした(笑)

持久走による体力作りに力を注ぐ先生で、一人一人の走った年間距離が分かるグラフを教室のドアに貼っておられました。

私は走ることが大好きで得意でしたので張り切って毎日のように走り続けて記録を伸ばしました。

一番走った生徒に男女それぞれプレゼントを下さると言われて俄然張り切ってその座を射止めました。

頂いたのは100枚ほどの藁半紙でした(笑)

でも何故かとても嬉しかったことを覚えています。

更に当時、私は野球も大好きで、プロ野球は今のオリックスバッファローズの前身阪急ブレーブスの大ファンでした。

先生が以前に当時4番バッターだった長池徳二選手のお嬢様を担任されたことがあり、その時に長池選手から頂いたというバットを教室の中に持ち込んで置いておられました。

私は休み時間になると何度もそのバットを借りて素振りをしていました。プロのしかも現役の憧れの選手のバットなど手にしたことはありませんでしたので大興奮でした!小学生の私にはその木製のバットはずっしりと重いのですが、NAGAIKEと刻印された文字を見つつ持つたびにとても満たされた嬉しい思いになりました。

そして学年の終わりに先生が別の学校に移られることを知らされ、最後の挨拶の時に先生が突然サプライズでそのバットを私に下さいました!

もう飛び上がらんばかりに喜びました!

私がずっと羨ましそうに触っていたのを先生も見ておられたのですね。

もう40年近く前のお話ですが、今でもバット部屋のクローゼットの中に大切に保管してあります。

厳しくも優しさに溢れたM先生、その節はお世話になりました!

どうも有難うございました!

人は人によって教わり育てて頂けるということ、しみじみ再確認しました。

それではまたお逢いしましょう。

どうも有難うございました( ◠‿◠ )