読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこでも何時でも連想感謝ゲーム           これをしてたら幸せ!!

目の前のことから感謝して次へ次へと連想しながら感謝の輪を広げて行くゲームです。これを世界中に広めたいです。是非楽しみながらご参加ください(*^▽^*)

ハートフルの連想感謝ゲーム その10 『水』

ハートフルの連想感謝ゲーム、今日も宜しくお願いします。

 

前回の発酵からの連想感謝は・・・・『水』です。

f:id:asazya:20161109182228j:plain

  

 蛇口をひねると当たり前のように出てくるお水・・・でもまず、この水が満足に存在するのは今のところ地球だけです。

 

きっと、広い宇宙のどこかには存在するのかもしれませんが、この水を私たちが使えるとすればまず地球の水です。

(水はとっても不思議な存在で、固体が液体より軽い(つまり氷が水に浮く)唯一の液体。もし海の氷が沈んで行ったらたちまち陸は氷だらけで私たちは生きて行けません。また、沸騰させてもお湯として存在するからお風呂や料理に使えますが、他の液体はとっくに気化して無くなってしまいます。興味のある方はこちらを☞

水という物質は最も身近で最も不思議なもの

 

 

考えたらお母さんのお腹の中にいるときから羊水という水の中で命育まれます。

 

生まれてきてお乳を頂く、これも一種の水分。

そして、私たちの身体の6から8割は水です。

 

 

特に日本は緑豊かな国土、この緑が保たれるには豊富な水が不可欠です。

 

そして各地で湧水があふれて綺麗な川を伝ってすみずみまで供給されるわけです。

 

あの水が流れるせせらぎの音を聴くとなんとも落ち着き安心しますよね。

 

人体には欠かせない証拠かもしれません(#^.^#)

 

日本は温泉大国でもあります。

 

いい湯につかれるのも・・・お水のお蔭様。

 

でもこの水を強く意識するのは水害が起こった時。

台風や大雨で河川が氾濫したり、住宅に浸水したり、するとこの水に感謝どころか恨み言が言いたくなります。

 

しかし、そもそも毎日の生活で無限に水の恩恵を浴していることへの感謝の気持ちがどれだけあるか。

 

食事を頂く時は❝いただきます❞と言いますが、水を飲むときは無言・・・だったりしませんか?

洗濯ができるのも、トイレが使えるのもあらゆる料理が作れるのもお水のお蔭。

 

農業や漁業はもちろんですが全ての産業は大量の水なくしては回っていきません。

 

ありがたい、ありがたい、感謝、かんしゃ、カンシャ、kansha!!です。

 

雨や雪が降ると気が重くなったりしますが、この連想ゲームに参加している私たちはまず感謝を忘れないでいたいですね。

 

 

それではまたお逢いしましょう・・・さらなる感謝のために・・・・

 

 

       有難うございました。 ハートフルでした(#^.^#)